スタッフブログ スタッフブログ

認知症サポーター

こんにちわ^^ 
今日は認知症についての研修がありました。
認知症サポーターの養成講座というものでした。

脳は、人間の活動をほとんどコントロールしている司令塔です。それがうまく働かなければ、精神活動も身体活動もスムーズに運ばなくなります。

かつては痴呆症といわれていた「認知症」とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりしたためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態のことを指します。

認知症は病名ではなく、まだ病名が決まっていない“症候群”です。つまり医学的には、まだ診断が決められず、原因もはっきりしていない状態のことを表しています。
だれにでも起こりうる脳の病気で、ひと事ではありません。

認知症サポーターとは、なにか特別なことをする人ではなく認知症の人やその家族の応援者です。
自分たちになにができるか考えていきたいと改めて思ういい機会となりました。


☆☆お知らせ欄に求人情報UPしております☆☆
ご覧くださいね♪